【2019年】最新のおすすめ投資はこちら

相場の分析方法の紹介!一番使われている「テクニカル分析」とは??

FXを始めるにあたってトレードスタイルが決まれば次に相場を分析するために自分がどのような指標を使って実際に取引をしていくのかを確定しなければいけません!相場分析には大きく分けて2つあり

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析
があり、今回はテクニカル分析の解説をしていきます!

 

みっきー

エントリーポイント&決済ポイントを決める分析だから必ず知識をつけておこう!

相場分析に必要なテクニカル分析

テクニカル分析とは??

 

テクニカル分析とは過去の値動きをチャートで表して、そのチャートを元にトレンド、パターンなどを把握し今後の株価、為替動向を予想するものです!そしてこちらのテクニカル分析の中には

・トレンド系指標

・オシレーター系指標

2種類があります!どちらもテクニカル分析で、この2つの種類の指標を組み合わして相場分析を行っている方が多いと言われています!

 

 

トレンド系指標とは??

 

トレンド系とはその名の通り現在トレンド(相場の流れ)が発生しているのか、そのトレンドは

上昇トレンド(買いが強い相場)

スクリーンショット 2018-12-25 19.04.13

下降トレンド(売りが強い相場)

スクリーンショット 2018-12-25 19.12.43

のどちらなのか、どれくらいの強さなのかを判断するものになります!こちらのトレンド系の指標は主に順張りの時に用います。ポピュラーなテクニカル分析のトレンド系は

などがあげられます!

 

みっきー

移動平均線は大多数の人が使っている人気のトレンド系指標だよ!

 

オシレーター系とは??

 

オシレーター系とは日本語で「振り子」や「振り幅」という意味で投資用語では「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を示すテクニカル分析方法です!

レンジ相場(買いと売りが持ち合いの相場)の際に効果を発揮する分析方法で

スクリーンショット 2018-12-25 19.24.10

相場の流れを読むトレンド系に対してオシレーター系は相場の状況(買われ過ぎ、売られ過ぎ)を判断できるので主に逆張りの時に用いられる事が多いです!ポピュラーなテクニカル分析のオシレーター系は

MACD(マックディー)

RSI(アールエスアイ)

・ストキャスティクス

などがあげられます!

 

みっきー

オシレーター系だけでは弱いからあくまでも判断材料にしよう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?トレンド系もオシレーター系も正しい分析の仕方、正しい相場環境であれば取引の心強い味方になってくれるテクニカル指標になります!

オシレーター単体では使いにくいですがオシレーター系、トレンド系を組み合わしたテクニカル分析を使うと短期取引(スキャルピング、デイトレード)で非常に効果的な分析と言われています!トレンド系はもちろん、自分のお気に入りのオシレーター系指標を一つでも見つけて置くと今後のFXの取引で役立つ事は間違い無いでしょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です