【2020年】最新のおすすめ投資はこちら

基本中の基本!日本発祥の「ローソク足」とは?

 

FXの基本中の基本の知識と言っても過言ではない「ローソク足」
「チャートに出ているグラフの事でしょう?」と簡単に答えられる方がいても詳しく答えられる方はあまりいません!足の形で相場の状況が分かるほど重要な役割を果たしてくれているローソク足について今回は解説さしてもらいます!

 

みっきー

シンプルで見方も簡単だけど情報量が多いローソク足は万能だよ!

必ず必要な基礎知識「ローソク足」

ローソク足とは??

 

ローソク足(ロウソク足)とは日本発祥で江戸時代に出雲国の米商人の「本間 宗久」(ほんま そうきゅう)が発案し、大阪・堂島の米取引で使われていたと言われています。

このローソク足は世界で一番精巧に工夫されている罫線であると言っても過言ではないでしょう!ローソク足チャートのローソクは1日や1週間というように時間を区切った時の
  • 始値
  • 高値
  • 安値
  • 終値
という4本値を形で表したものとなっています!

 

みっきー

世界で一番精巧に工夫されている罫線を作ったのが日本人ってすごいよね!

 

陽線とは??

スクリーンショット 2018-12-25 18.50.48

陽線はその時の終値に比べてどのくらい上昇したのかを表したものです。日足で見て1日の取引開始から終了まで買いと売りが戦って最終的に買いが勝利したことになります!

そしてローソク足の実体が長いほど買いの勢力が強いと考えます!

 

みっきー

1分足だと1分に一個ローソク足が生成されるよ!

 

陰線とは??

スクリーンショット 2018-12-25 18.51.49

陰線は陽線とは逆にその時の終値に比べてどのくらい下落したのかを表したものです。日足で見て1日の取引開始から終了まで買いと売りが戦って最終的に売りが勝利したことになります!

そしてローソク足の実体が長いほど売りの勢力が強いと考えます!

 

みっきー

ローソク足の色はチャートによって違うので注意しよう!

 

十字架とは??

十字架とはこちらは陽線でもない引き分けの状態となります。始値と終値が同値でローソク足の実体がない形で高値圏ではこれまでの買い側の勢いを売り側が止めたことになり下落への転換の示唆に安値圏ではこれまでの売り側の勢いを買い側が止めたことになり
上昇への転換示唆になります!

 

みっきー

十字架が発生したらエントリーするチャンスだから覚えておこう!

 

ひげとは??

この図の上ひげは買い側が高値まで買いで攻めたが売り方の抵抗で押し戻された状態となります!ひげが長ければ長いほど売りの抵抗が強かった事を示唆しています!

そして下ひげは逆に売り側が安値まで売りで攻めたが買い方の抵抗で押し戻された状態となります!こちらも同様でひげが長ければ長いほど買いの抵抗が強かった事を示唆しています!

 

みっきー

急な値動きに損切りが集まって買い、売りの勢力が強まったとも考えられるよ!

 

 

まとめ

 

ローソク足の知識がしっかりしているとファンダメンタルズの知識が無くても一目で相場の状態をある程度推測する事ができます!

ファンダメンタルズの知識や分析はもちろん重要なのですが、知識の取得や考察には時間がかかり相場は待ってくれません。ローソク足の分析により、検討の時間を短縮することでファンダメンタルズ分析と併用した活用もできます!

この辺りが、ローソク足チャートが支持されている理由でしょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です